災害の基礎知識を学ぶ
1.はじめに

地方公共団体の最大の使命は、住民の生命、身体、財産の安全の確保です。災害がどこで起きてもおかしくないわが国では、被害を少しでも減らすため、防災担当者であるかどうかに関わらず広く地方公務員の方々が日頃から災害の基礎知識を身につけておく必要があります。

このレッスンでは、災害の基礎知識を学ぶ重要性について、昭和57年長崎大水害、雲仙普賢岳噴火災害など、わが国の災害史に残る災害で陣頭指揮を執られた高田勇前長崎県知事のお考えを伺いましょう。高田さんは、昭和57年から平成10年まで長崎県知事を務められました。また、長崎大水害、雲仙普賢岳噴火災害を振り返っての教訓も伺っています。あわせてご覧ください。

続きを読む