① 消防団員の身分
3.団の組織

 消防の任務、市町村の消防に関する責任、消防機関については、消防組織法の第1条、第6条及び第9条で次のように規定されています。

 消防は、その施設及び人員を活用して、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、水火災又は地震等の災害を防除し、及びこれらの災害による被害を軽減するほか、災害等による傷病者の搬送を適切に行うことを任務としています。【説明文に修正を加えています(平成23年12月時点)】

 市町村には、その区域における消防を十分に果たすべき責任があります。

 消防団は、消防機関の一つとして消防事務を処理しており、主として火災の警戒及び鎮圧、その他災害の防除、及び被害の軽減のための活動に従事しています。

続きを読む