③ 資格試験に係る消防団員の特例
2.丙種危険物取扱者

 ガソリンや灯油などの危険物は、私たちの日常生活になくてはならないものですが、火災発生の危険が大きく、いったん火災になると急速に拡大し、消火には特殊な消火設備と技術が必要となります。したがって、ガソリンスタンドや化学工場などで多量の危険物を取り扱う場合は、十分な知識と技術を持った危険物取扱者が必要です。

 消防団員に対しては、丙種危険物取扱者の資格取得に対する特例があります。
 丙種危険物取扱者は、ガソリン、灯油、軽油、重油などに限り、自分自身で取り扱うことができます。
 消防団員歴5年以上で消防学校における基礎教育又は専科教育の警防科を修了した者は「丙種危険物取扱者試験」のうち次の科目が免除されます。
 燃焼及び消火に関する基礎知識が5問免除されます。

続きを読む