② 消防用器具操法
4.注水

 基本注水姿勢をとるには、次の号令及び要領で行ってください。
 筒先員は、指揮者の「筒先かまえ」の号令で元金具を斜め下にして両手で筒先を持ち、筒先とホースを結合します。
 次に左手をノズル近くに、右手を取手に持ちかえて数歩前進し、左足を1歩前に踏み出し、腰をやや落とした姿勢で結合部を右腰にあて筒先先端部を斜め上に向けます。
 この姿勢が最も安定して筒先を持つことができ、左右前後に動きやすい注水姿勢です。


 一連の動きを見てみましょう。


 注水補助を行うには、次の号令及び要領で行ってください。
 補助員は、指揮者の「注水補助」の号令で筒先員の反対側1歩後方の位置につきます。

 位置についたら、右足を1歩踏み出したまま、両手でホースを持ち、腰をやや落とした姿勢で注水補助を行います。


 一連の動きを見てみましょう。


 基本注水姿勢から折りひざの注水姿勢をとるには、次の号令及び要領で行ってください。
 筒先員は、指揮者の「折りひざ」の号令で、上体は筒先をかまえたまま、右ひざを地面につけ、折りひざの注水姿勢をとります。
 補助員も指揮者の「折りひざ」の号令でホースを持ったまま左ひざを地面につけ、折りひざの姿勢をとります。
 折りひざの姿勢を基本注水姿勢に戻すには指揮者は、「たて」と号令します。
 筒先員と補助員は、指揮者の「たて」の号令で基本注水姿勢に戻ります。


 一連の動きを見てみましょう。


 上又は下へ注水方向を変換するには、次の号令及び要領で行ってください。
 指揮者は、「上へ注水」又は「下へ注水」と号令します。
 筒先員は、指揮者の「上へ注水」又は「下へ注水」の号令で筒先先端部を上へ向け、又は下へ向けます。
 補助員も、指揮者の「上へ注水」又は「下へ注水」の号令で、ホースを持ったままホースがゆるい曲線を描くようにホースを移動させます。
 「上へ注水」又は「下へ注水」を基本注水に戻すには、指揮者は「基本注水」と号令します。
 筒先員と補助員は、指揮者の「基本注水」の号令で基本注水姿勢に戻ります。


 「上へ注水」と「下へ注水」の動きを連続して見てみましょう。


 左又は右へ注水方向を変換するには、次の号令及び要領で行ってください。
 指揮者は、「左へ注水」又は「右へ注水」と号令します。


 筒先員は、指揮者の「左へ注水」又は「右へ注水」の号令で左足を大きく右又は左へ踏み出します。
 「左へ注水」又は「右へ注水」を基本注水に戻すには、指揮者は「基本注水」と号令します。
 筒先員と補助員は、指揮者の「基本注水」の号令で基本注水姿勢に戻ります。
 「左へ注水」と「右へ注水」の動きを連続して見てみましょう。


 連続して振り回す注水を行うには、次の号令及び要領で行ってください。


 筒先員は、指揮者の「振り回し注水」の号令で、筒先先端部が円を描くように振り回します。
 補助員も、指揮者の「振り回し注水」の号令で、筒先員の操作に協力して注水補助を行います。
 「振り回し注水」を基本注水に戻すには、指揮者は「基本注水」と号令します。
 筒先員と補助員は、指揮者の「基本注水」の号令で、基本注水姿勢に戻ります。


 「振り回し注水」の動きを見てみましょう。


 注水位置を変換するには、次の号令及び要領で行ってください。
 指揮者は、「左に移動」又は「右に移動」と号令し、適宜ホースを移動させたのち、「移動やめ」と号令します。
 筒先員は、指揮者の「左に移動」又は「右に移動の号令でノズルを操作して放水を中止し、「よし」と合図します。
 補助員は、筒先員の「よし」の合図でホースを離し、後方に向きを変えて4歩進み、再び前方に向きを変えてホースを両手で持ち、「よし」と合図してホースがゆるい曲線を描くように適宜 左又は右に移動します。
 筒先員は、補助員の「よし」の合図で徐々に左又は右に移動し、「移動やめ」の号令で停止します。
 補助員は「移動やめ」の号令でホースを離して注水補助位置に進み、ホースを両手で持ち、「よし」と合図して注水補助を行います。
 筒先員は、補助員の「よし」の合図でノズルを操作して放水を開始します。


 注水位置の変換の一連の動きを見てみましょう。


 注水を噴霧又は棒状に変換するには、次の号令及び要領で行ってください。
 指揮者は、「噴霧注水」又は「棒状注水」と号令します。
 筒先員は、指揮者の「噴霧注水」又は「棒状注水」の号令でノズルを片手で操作して噴霧又は棒状の注水に切替ます。


 「噴霧注水」又は「棒状注水」の動きを見てみましょう。

続きを読む