② 消防用器具操法
6.ホース延長

 手びろめにより延長するホースは、二重巻ホース又は折りたたみホース各2本です。

 まず、二重巻ホース各部の名称及び定位です。

 折りたたみホース各部の名称及び定位です。

 ホースを結合するには、次の要領で行ってください。
 第1ホースのおす金具がやや上を向くように、足先でホースをおさえ、第2ホースのめす金具を両手に持ちます。
 第1ホースのおす金具にあわせ、めす金具をおしつけて結合し、引いて結合の確認をします。
 ホース結合の動きを見てみましょう。

 ホースを離脱するには、次の要領で行ってください。

 第1ホースのおす金具近くを左足先でおさえます。
 両手で第2ホースの離脱環を引きます。
 ホース離脱の動きを見てみましょう。
 手びろめによって二重巻ホースを延長するには、次の号令及び要領で行ってください。
 ホース員は、指揮者の「ホース延長」の号令で第1ホースを立てて、おす金具を右手で持ち、左手をホースにそえます。
 右足先でめす金具近くをおさえ、ホースを前方に転がしてひろげ、おす金具をその場に置きます。
 第2ホースを金具がたれないようにして左肩に担ぎ、右手で第1ホースのおす金具を持って前進します。
 第1ホースを延長しておす金具をその場に置き、左肩にある第2ホースを、金具が手前下になるようにその場に置きます。
 第1ホースと同じ要領でひろげ、第1ホースと第2ホースを結合し、第2ホースのおす金具を持って延長します。
 二重巻ホース延長の動きを見てみましょう。

 手びろめによって延長されたホースを収納するには、次の号令及び要領で行ってください。
 ホース員は、指揮者の「おさめ」の号令でホース結合部に移動します。
 第1ホースと第2ホースを離脱します。

 第2ホースをおす金具からうず巻にし、左肩に担いでもとの位置に戻し、続いて第1ホースを、第2ホースと同じ要領でもとの位置に戻します。
 ホース収納の動きを見てみましょう。

続きを読む