② 消防用器具操法
8.とび口

 とび口各部の名称及び定位は、図の通りです。
 とび口を搬送するには、次の号令及び要領で行ってください。


 破壊員は、指揮者の「目標○○、とび口搬送」の号令で前進し、とび口中央部右側に移動します。
 左手で柄の中央部を持ち、とび先を下に向け、右手を腰にあてて所定の位置まで搬送します。


 搬送したとび口をかまえて、基本の姿勢をとるには、次の号令及び要領で行ってください。
 破壊員は、指揮者の「とび口かまえ」の号令で、左手のとび口を立て、右手で柄の後部を持ち、左足を1歩前に踏み出します。



 とび口を前方に振りおろして斜めにかまえます。
 とび口を収納するには、次の号令及び要領で行ってください。
 破壊員は、指揮者の「おさめ」の号令で、左手で柄の中央部を持ち、とび先を下に向け、右手を腰にあてて、とび口をもとの位置に置きます。


 一連の動きを見てみましょう。

続きを読む