③ 林野火災
6-1.林野火災の消火活動戦術 包囲消火活動戦術

 包囲消火活動戦術は、火災初期で、平坦地でありしかも風の影響の少ない場合に、包囲体制をとりながら火勢の強い方面、人家のある方向などを重点として消火活動を行うもので、最も基本的な戦術です。
 地表火、下草火災などで延焼範囲が比較的小さく、延焼方向がまだ一定化していないときに効果的です。
 挟み込む形で延焼している面を抑えながら包囲します。また延焼方向が特定しているときは、主力を火流正面において、側面への退路を確保して行います。
 包囲消火活動は、担当範囲を決め、火面を外線から取り囲み、注水・たたき落とし、盛土などの手段によって行います。

続きを読む