③ 林野火災
8-1.林野火災の消火活動 実態把握

 林野火災を発見した場合は、以下の通り実態把握を行います。

 火点付近の住民・警察・営林署・森林組合などから火災地点、目標、延焼状況、現場の風向、風速、進入路などの情報収集を行ないます。
 事前計画に基づいて、各種の計画図を活用し、地況、林況を把握します。
 一番近いポンプ車隊を出動させ、延焼状況を把握します。なお、可能な場合はヘリコプターを飛行させ、延焼状況、進展予測、隣接住宅などへの影響、投入部隊の予測など総合的に把握することが効果的です。

続きを読む