⑤ 土砂崩壊事故
1.土砂崩落事故

 土砂崩落現場では、崩壊危険が再びあるものとして行動する必要があります。
 また、土砂は思ったより重量がある事、救助活動が思うように進展せず長時間にわたる、狭い場所のため活動が制限されるなど二次的な災害発生原因が多くあります。

 土砂崩落現場における救助活動ポイントは、
個々の判断による単独行動はしないこと。
危険箇所の想定、また安全に対する装備を十分に確認し、二次災害の防止措置をした上で活動すること。
二次崩落などの危険が予想される警戒区域には、ロープを張り、進入を制限すること。
また、常に監視員を指定し、情報収集・報告・連絡の徹底を図り、状況に変化が見られた時は直ちに全員に知らせ、二次災害の防止を図ることです。

続きを読む