④ 山岳事故
1.山岳救助にあたって

 山岳事故での救助活動は、入山前にできるだけ情報を収集することが大切です。
 その上で、安全に配慮した救助手段を決定します。

 活動に当たっては、個人行動の制限・指導を行います。
 特に、天候の悪い時は危険を伴うため平常時から地元の気象情報に注目し、天気の変化を読み取るように心がけましょう。
 また、落石、滑落など二次災害につながる恐れのある箇所への進入は、安全を確保してから行います。

続きを読む