① 安全管理の基本
1.はじめに

 災害現場では、危険要素が数多くある環境の下で、消防活動を実施しなくてはなりません。
 しかも、危険性や状況変化は著しく、効果的な消防活動を行うためには行動限界は安全限界ぎりぎりの線となります。
 ぎりぎりの線が具体的にどこなのか、その見極めが極めて困難であるため、指揮者も団員も十分に安全に対する配慮と確認をしながら、任務を達成しなければなりません。
 このように、消防における安全管理とは、危険性を伴う任務を遂行するにあたり、事故を絶対おこさないようにするため、事故要因を合理的にとり除くための一連の安全対策をいいます。

続きを読む