① 安全管理の基本
3.安全管理の指向

 安全管理は、安全意識を高めることが基本です。
 事故が発生すると、本人の苦痛はもちろん、家族や上司、同僚に心配や負担をかけるほか、場合によっては一定期間仕事につけなくなり、最悪の場合は殉職ということにもなります。
 このように、受傷事故は大きなマイナスを伴い、決してプラスにはなりません。では、事故は偶然発生したのでしょうか?いいえ、違います。
 事故の背景には潜在する危険が伴うことが多いのです。
 また、事故にはいたらなかったけれど、ヒヤリとしたこと、ハッとしたことなどは誰もが経験していることでしょう。
 事故防止のためには、潜在する危険要因やヒヤリとしたこと、ハッとしたことなどに目を向け、こうした要因を排除することが基本です。
 危険要因を排除するということは、裏返えせば、安全の先取りになるのです。

 潜在する危険の排除には、まず危険に対する感覚、感性を養い、危険を正しく予知・予測し、事前に必要な手を打つことが必要で、これが安全対策につながるのです。

 事故防止のためには、潜在する危険要因やヒヤリとしたこと、ハッとしたことなどに目を向け、こうした要因を排除することが基本です。
 危険要因を排除するということは、裏返えせば、安全の先取りになるのです。

 潜在する危険の排除には、まず危険に対する感覚、感性を養い、危険を正しく予知・予測し、事前に必要な手を打つことが必要で、これが安全対策につながるのです。

続きを読む