小規模市町村における災害時初動対応力の向上

小規模市町村における災害時初動対応力の向上

全国には、専任の防災担当職員がいない又はいても少数の市町村が多数存在し、災害発生時の対応能力に課題を有している状況です。
このため、消防庁では、モデルとなる市町村において実践的な訓練を実施するとともに、訓練から明らかになった課題を整理し、まとめた結果を全国の市町村に共有するため、報告書として「小規模市町村における災害時初動対応力の向上に向けた課題の整理~初動対応訓練モデル事業を通じて~」を作成し、全国の市町村に共有しました。