地域防災を支える自主防災組織等の育成

防災まちづくり大賞

 募集チラシ[PDF]

第23回(平成30年度)の募集受付を開始しました。募集の締切は、平成30年9月21日(金)までとなります。他薦・自薦を問わず、どなたでも応募いただけます。詳しくは、実施要綱・募集要項をご覧の上、ご応募ください。
[Download]
実施要綱、募集要項、調査票記入要領[PDF]
調査票(応募様式)[WORD]
※当ペーシでは、過去の受賞事例集も掲載していますので、応募の際の参考に、ぜひご覧ください。


防災まちづくり大賞とは

阪神・淡路大震災や未曾有の大災害となった東日本大震災等、近年の大規模な災害の教訓を踏まえて、全国各地で防災対策の強化を図るためのさまざまな取組が行われています。防災力の向上を図るためには、防災につながる優れた事業を実施することはもちろんのこと、まちづくりや住民生活等においても防災の視点を盛り込むことが重要であり、防災に関するハード及びソフトの工夫・アイデアが防災対策の充実や防災意識の高揚等に大きく寄与するものです。
「防災まちづくり大賞」は、阪神・淡路大震災を契機に平成8 年度に創設され、地域に根ざした団体・組織等、多様な主体における防災に関する優れた取組、工夫・アイデア等、防災・減災に関する幅広い視点からの効果的な取組等を表彰し、広く全国に紹介することにより、もって地域における災害に強い安全なまちづくりの一層の推進に資することを目的として実施しています。
【防災まちづくり大賞シンボルマーク】
このシンボルマークは、大賞創設当時、イラストレーターの和田誠氏の御厚意により作成していただいたものです。氏は、「市民が力を合わせて防災に当たるということの象徴としてバケツリレーを取り上げた。犬と猫が力を合わせているという絵にすることにより明るいイメージとなったと思う。」とコメントされています

対象となる組織

次のいずれかに該当する取組を実施している組織、団体を対象としています。

  • 防災対策に関するハード的な取組を実施している組織、団体
  • 防災対策に関するソフト的な取組を実施している組織、団体
  • 防災対策に関する普及啓発や情報発信等の取組を実施している組織、団体
  • 地域における住宅防火対策を通じて災害や火災に強いまちづくりを推進している組織、団体

選定基準

審査に当たっては、防災に関する様々な取組、工夫・アイデアに関し、以下に掲げる視点から総合的に評価の上、災害に強い安全なまちづくりの推進に顕著な功績のあった事例を選定します。

  • 防災上や住宅防火上の効果が高い(防災や住宅防火意識の高揚含む)
  • 他の組織、団体にとって応用可能な模範性がある
  • 自発性・自主性があり、多様な人が参加している
  • 地域特性に配慮している
  • 継続性があり、日常生活に浸透・定着している
  • 先進的で創意工夫の跡が見られる
  • 住民、団体、企業、行政等多様な主体と連携している
  • 人材育成、コミュニティ形成に寄与している
  • まちづくりへの発展が期待される

実施団体

主催:消防庁
共催:一般財団法人 日本防火・防災協会

表彰について

表彰区分は「総務大臣賞」「消防庁長官賞」「日本防火・防災協会長賞」があります。募集締め切り後、消防・防災関係の有識者からなる防災まちづくり大賞選定委員会において審査を行い、優良な取組を実施している団体に直接お伺いし、現地調査を行います。現地調査後、受賞団体の最終決定をいたします。
受賞団体決定後、3月上旬に都内にて表彰式を行い、受賞団体には表彰楯が授与されます。

防災まちづくり大賞選定委員(( )書きは平成30年3月現在における本職等)

相川 康子(NPO政策研究所専務理事)
梨 成子(株式会社防災&情報研究所代表)
西藤 公司(一般財団法人日本防火・防災協会理事長)
日野 宗門(Blog防災・危機管理トレーニング主宰)
廣井 悠 (東京大学大学院工学系研究科准教授)
舩木 伸江(神戸学院大学現代社会学部准教授)
 益輝(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科科長)
山本 俊哉(明治大学理工学部教授)

防災まちづくり大賞は、平成8 年度創設以来306 の団体・組織が受賞しています。受賞団体の組織形態も、消防団・女性防火クラブ・少年消防クラブ・自主防災組織をはじめNPO 団体、社会福祉法人、民間企業、放送局、地方公共団体など多様な主体が受賞しています。

防災まちづくり大賞受賞事例集

20周年記念誌(平成28年3月発刊)

防災まちづくり大賞創設20周年を記念し、これまでの受賞事例や受賞団体へのインタビューなどを掲載した「防災まちづくり大賞20周年記念誌」を発行しました。

第22回(平成29年度)は、全国各地から89事例が寄せられ、選定委員会において、他の地域の模範となる優れた取組17事例が選定されました。

応募総数 89
表彰名 総務大臣賞 3
消防庁長官賞 4
日本防火・防災協会長賞 10
受賞事例総数 17

第22回防災まちづくり大賞(総務大臣賞を受賞された3団体)

  • 仙台八木山防災連絡会
    (宮城県仙台市)
  • 千葉県立東金特別支援学校
    (千葉県東金市)
  • 黒潮町立佐賀中学校
    (高知県黒潮町)

関連リンク

少年消防クラブ 
少年消防クラブ 少年消防クラブ交流会(平成25年度) 少年消防クラブ交流会(平成26年度)※台風の影響により中止 少年消防クラブ交流会(平成27年度) 少年消防クラブ交流会(平成28年度) ...
全国災害伝承情報 
全国災害伝承情報 有史以来、全国で発生した災害は各地に多大な被害をもたらし、それらの災害の教訓は各地域において記録としてあるもの、図画として残されているもの、あるいは物語、ことわざとして伝承されているものなどがあります。そのような災害にまつわる資料や情報は、これまで国...
防災まちづくり大賞 
防災まちづくり大賞 第23回防災まちづくり大賞【平成30年度】  募集チラシ[PDF] 第23回(平成30年度)の募集受付を開始しました。募集の締切は、平成30年9月21日(金)までとなります。他薦・自薦を問わず、どなたでも応募いただけます。詳しくは、実施要綱・募集要項をご覧の上、ご応募ください。 ...
自主防災組織教育指導者用教本
自主防災組織教育指導者用教本 総務省消防庁消防大学校では、「自主防災組織教育指導者に対する教育のあり方に関する調査研究事業」として、活動を行ううえでの中心となるリーダーの方々に対して教育訓練を効果的に行うため、教育訓練の内容及び教育形態について調査検討を行い、教本を作...