平成27年版 消防白書

第1章 災害の現況と課題

第1節 火災予防

[火災の現況と最近の動向]

この10年間の出火件数をみると、6万387件であった平成16年以降おおむね減少傾向となっており、平成26年中の出火件数は、4万3,741件と前年に比べ4,354件(9.1%)減少し、10年前(平成16年中の出火件数)の72.4%となっている。また、火災による死者数も、2,195人を記録した平成17年以降おおむね減少傾向にあり、平成26年中の火災による死者数は、1,678人と前年に比べ53人(3.3%)増加したものの、10年前(平成16年中の火災による死者数)の83.7%となっている(第1-1-1図、第1-1-1表)。

1-1-1zu.gif
1-1-1hyo.gif

関連リンク

はじめに 阪神・淡路大震災から20年 ~2つの大震災を踏まえた消防防災体制の充実~
はじめに 阪神・淡路大震災から20年 ~2つの大震災を踏まえた消防防災体制の充実~ 本白書が発行される平成27年は阪神・淡路大震災から20年に当たる節目の年である。この20年間、阪神・淡路大震災を教訓に、消防においても様々な対応がなされてきた。 そのひとつとして緊急消防援助隊があげられる。平成7年に...
7.災害別対策
7.災害別対策 (1) 洪水 流域に降った大量の雨水が河川に流れ込み、特に堤防が決壊すると、流域では大規模な洪水被害が発生する。 一方、近年、短時間に局地的に激しい雨が降り注ぎ、山間部や都市部の中小河川に一気に流れ込み、平常時には川遊びができるような穏やかな河川が増水して勢いを増し、氾濫して流域に甚...
附属資料61 総合特別区域の第三次指定(平成25年2月15日)対象区域に係る協議の状況(消防庁分)
附属資料61 総合特別区域の第三次指定(平成25年2月15日)対象区域に係る協議の状況(消防庁分) ...
附属資料60 総合特別区域の第一次指定(平成23年12月22日)対象区域に係る協議の状況(消防庁分)
附属資料60 総合特別区域の第一次指定(平成23年12月22日)対象区域に係る協議の状況(消防庁分) ...