救急車の適正利用

緊急度判定プロトコルver.2

対象
住民、救急相談員、通信指令員、救急隊員
内容
緊急度判定プロトコルver.2については、医学的根拠に係る研究、他のプロトコルとの整合性等について検討し、緊急度判定プロトコルver.2を作成しました。
これらのプロトコルは、救急医療の専門医師による医学的観点に基づき作成しています。
用途
①家庭自己判断
 住民の方々が、自ら又は他者が緊急性を感じる事態に遭遇した際、その緊急度を判定し、その後に取るべき対応を判断しやすくすることを目的として作成しました。
②電話相談
 医療従事者による救急電話相談の際、傷病の緊急度及びその結果に基づいて提供する情報を標準化することを目的として作成しました。
③119番通報
 指令業務において、傷病者の緊急度を判定し、その緊急度に応じて対応する必要があることから、指令員の緊急度判定に関する知識及び技術の標準化を目的として作成しました。
④救急現場
 救急現場において、様々な病態を有する傷病者の緊急性を的確に判断し、適切な搬送先選定・搬送方法につなげていくことを目的として作成しています。

〔※令和2年3月
一部改訂〕

g

緊急度判定プロトコルVer.2.0
総務省消防庁平成27・28年度 消防防災科学技術研究推進制度
「緊急度判定体系の市民への普及・利用促進ツールの開発」研究班

主任研究者  森村 尚登  東京大学

分担研究者 研究協力者
織田 順 東京医科大学 伊藤 重彦 北九州市立八幡病院
櫻井 淳 日本大学 泉 裕之 板橋区医師会病院
杉田 学 順天堂大学 大田 祥子 NPO法人ヘルスサービスR&Dセンター
問田 千晶 横浜市立大学 軍神 正隆 東京大学医学部附属病院
六車 崇 横浜市医療局・
横浜市立大学
志賀 隆 東京ベイ・浦安医療センター
高橋 耕平 横浜南共済病院
田中 秀治 国士館大学
田邉 晴山 救急救命東京研修所
辻 友篤 東海大学
奈良 理 手稲渓仁会病院
林 靖之 済生会千里病院
山畑 佳篤 京都府立医科大学
小児救急受診ガイド・救急相談プロトコル改訂協力者
篠原 真史 横浜市立大学 南 さくら 横須賀共済病院
井上 信明 国立国際医療研究センター 清水 直樹 東京都立小児総合医療センター
神薗 淳司 北九州市立八幡病院 新田 雅彦 大阪医科大学
太田 邦雄 金沢大学 種市 尋宙 富山大学
黒澤 寛史 兵庫県立こども病院 賀来 典之 九州大学病院
榎本 有希 筑波大学附属病院 萩原 佑亮 東京都立小児総合医療センター
野坂 宜之 岡山大学
事務連絡 「緊急度判定プロトコルVer.2」の策定について(平成29年7月21日)

関連リンク

救急安心センター事業(#7119)ってナニ?
救急安心センター事業(♯7119)ってナニ? 「家族の様子がなんとなくおかしいけど、救急車呼んだ方が良いのかな...」「具合が悪いけど病院に行った方がいいのかな...」こんなとき、あなたはどうしますか? 急なケガや病気をしたとき、救急車を呼んだが方がいいか、今すぐに病院に行った方がいいかなど、判断に...
救急救助 #7119(救急安心センター事業)関連情報 
#7119(救急安心センター事業)関連情報 #7119(救急安心センター事業)の全国展開資料 ...
全国版救急受診アプリ (愛称「Q助」) 
全国版救急受診アプリ (愛称「Q助」) 内容 住民の緊急度判定を支援し、利用できる医療機関や受診手段の情報を提供するため、緊急度判定プロトコルver.2(家庭自己判断)をもとに作成しました。 ...
小冊子 
小冊子 PDF形式ダウンロード ...