平成21年版 消防白書

2 危険物安全週間

危険物に係る火災・流出等の事故は近年増加傾向にあり、それらの事故原因をみると、管理や確認が不十分であるなど人的要因によるものが多くなっている。
こうした事故を未然に防止するために、全国的に危険物の安全に関する強化月間として取組が6月に多かったことから、消防庁では、平成2年(1990年)度以降、毎年6月の第2週を「危険物安全週間」とし、危険物関係事業所における自主保安体制の確立を呼びかけるとともに、家庭や職場における危険物の取扱いに対する安全意識の高揚及び啓発を図っている。具体的には、各都道府県、関係団体等と協力して、推進標語の募集や推進ポスターの作成をはじめとする広報活動を行っているほか、危険物の安全管理の推進や危険物の保安に功績のあった個人、団体及び事業所に対し表彰を行っている。
平成21年度の危険物安全週間(6月7日~13日)では、卓球選手の福原愛さんをモデルとした推進ポスターを作成し、「安全は 意識と知識と 心掛け」を推進標語として全国的な啓発運動を展開した。また、各地域においては、危険物関係事業所の従業員や消防職員を対象とした講演会や研修会が開催されたほか、消防機関による危険物施設を対象とした立入検査や自衛消防組織等と連携した火災等を想定した訓練などが行われた。

c16.gif

関連リンク

2 群馬県渋川市老人ホーム火災を踏まえた防火安全対策について
2 群馬県渋川市老人ホーム火災を踏まえた防火安全対策について (1)群馬県渋川市老人ホーム火災の概要 平成21年3月19日、群馬県渋川市の老人ホーム(老人福祉法第29条による届出は未届)において、死者10人、負傷者1人という重大な人的被害を伴う火災が発生した。消防庁では現地に職員を派遣し、渋...
1 大阪市浪速区個室ビデオ店火災を踏まえた防火安全対策について
1 大阪市浪速区個室ビデオ店火災を踏まえた防火安全対策について (1)大阪市浪速区個室ビデオ店火災の概要 平成20年10月1日未明、大阪市浪速区の個室ビデオ店「キャッツ」において、死者15人、負傷者10人(うち1人が10月14日に死亡)という重大な人的被害を伴う火災が発生した。消防庁では、消防法第3...
トピックスIII 新たな形態の建築物や施設等に対応した防火対策
トピックスIII 新たな形態の建築物や施設等に対応した防火対策 近年、社会情勢の変化に伴い建物利用の多様化・複合化が進展し、新たな建築構造や利用形態等を有する建物が次々と出現し、それらの建物において、多数の死傷者を伴う火災が発生している。平成20年10月には大阪市浪速区の個室ビデオ店、平成21年3月...
3 住警器の普及に向けた取組
3 住警器の普及に向けた取組 (1) 住警器の普及状況 住警器の普及状況については、各地域においてアンケート等の方法により調査が行われているところであるが、消防庁においてその結果を収集し、独自の方法で平成21年3月時点における全国の普及率を推計した結果は、45.9%となっている。前回調査を行った平成...