法令

救急業務における法令の遵守について

消防救第330号
平成13年12月3日

各都道府県消防主管部長 殿

消防庁救急救助課長

今般、一部の地域において、救急救命士の資格を有する救急隊員が、現行の救急救命士法上救急救命士の業務とされていない気管内挿管及び心肺機能停止状態にある傷病者以外の者に対する輸液を行っていた事例や、これらの行為を行っていた疑いのある事例が判明しました。
救急救命士を含む救急隊員が行う救急業務については、今後とも、国民の信頼に応えながら、更なる高度化を図っていくことが必要です。
つきましては、貴都道府県内市町村(消防の事務を処理する組合を含む。)に対し、救急業務を行うに当たっては法令を遵守することを改めて徹底するようお願いします。

関連リンク

「危険物」とは?
「危険物」とは? ○消防法で定められているもので、一般的に次のような性質を持った物品をいいます。 火災発生の危険性が大きいもの 火災拡大の危険性が大きいもの 消火の困難性が高いもの *私たちの身近なものでは、ガソリン・灯油・油性塗料等があります 類別 性質 性質等の概要 第一類 酸化性固体 固体であ...
救急隊員の資格を有する職員の教育のあり方について
救急隊員の資格を有する職員の教育のあり方について 救急隊員の資格を有する職員の教育のあり方について(平成25年5月9日) 救急隊員教育管理表(別紙1) チェックリスト(別紙2) ...
口頭指導に関する実施基準の一部改正等について
口頭指導に関する実施基準の一部改正等について 口頭指導に関する実施基準の一部改正等について(平成25年5月9日) 口頭指導の指導項目 心肺蘇生法 気道異物除去法 止血法 熱傷手当 指趾切断手当 119番通報からの導入要領(別紙...
危険物に関する通知等
危険物に関する通知等 年別お知らせ一覧へ ガソリン携行缶を安全に取り扱うための留意事項について(平成25年10月4日) 震災時等における危険物の仮貯蔵・仮取扱い等の安全対策及び手続きについて(平成25年10月3日) 多数の観客等が参加する行事に対する火災予防指導等の徹底につ...