消防庁の組織および所掌業務

全国瞬時警報システム(Jアラート)全国一斉情報伝達試験

Jアラートが正常に動作することを確認するため、国(内閣官房)からJアラートを通じて試験情報を送信し、各地方公共団体の市町村防災行政無線等を自動起動させ、住民への情報伝達ができるかを確認する全国一斉情報伝達試験を平成24年度より実施しています。
試験開始当初は、毎年度1回程度の試験を実施していましたが、不具合を減らすためには、機器の点検や動作確認試験を年度内に複数回行うことが効果的との考えから、平成30年度以降は原則として年4回の試験を実施しています。
試験実施の際、機器等の不具合などにより住民への情報伝達ができなかった団体があった場合には、直ちに不具合の改善等を要請しています。

試験内容

  • 国から試験放送の情報を配信
  • 市町村において、防災行政無線等の自動放送を実施

※ 防災行政無線からの自動放送の内容は、次のとおり。

  • 上り4音チャイム + 「これは、Jアラートのテストです」 × 3回
  • + コールサイン(例:「こちらは○○市です」) + 下り4音チャイム

過去の試験結果

関連リンク

全国一斉情報伝達試験について
全国瞬時警報システム(Jアラート)全国一斉情報伝達試験 Jアラートが正常に動作することを確認するため、国(内閣官房)からJアラートを通じて試験情報を送信し、各地方公共団体の市町村防災行政無線等を自動起動させ、住民への情報伝達ができるかを確認する全国一斉情報伝達試験を平成24年度より実施しています。 ...
総務課
総務課 消防行政のとりまとめ 職員の人事や福利厚生、予算・決算事務、消防庁の広報、消防組織の制度、消防職員や消防団員の表彰のほか、消防庁内の意見調整、他省庁との連絡調整等を行っています。 春の火災予防コンサート 子ども...
消防・救急課
消防・救急課 消防防災体制の充実 (1)常備消防体制の充実 【消防の常備化の現況】  現在の市町村における消防体制は、大別して、1)消防本部及び消防署のいわゆる常備消防と消防団とが併存している地域と、2)消防団のみが存する地域(いわゆる非常備町村)があります。  平成27年4月1日現在、常備化市町...
救急企画室
救急企画室 救急救命士などの救急業務に係る企画立案を担当 (1)救急業務の現状 平成28年4月1日現在、733消防本部全てにおいて救急業務が実施されています。  日本全国で、5,090隊の救急隊が運用され、約6万1千人の救急隊員(うち約3万4千人が救急救命士)が日夜国民の安心・安全のために活動してい...