消防庁の組織および所掌業務

参事官

(1)救助技術の高度化の推進

 救助隊は、現在全国に約1,500隊設置されており、火災、交通事故、水難事故、自然災害等、幅広い災害からの人命救助に日夜活動しています。消防庁では、最新の装備等による救助活動技術の向上を目指し、平成9年度から救助技術の高度化に関する検討会等に取り組み、平成10年度からは毎年全国消防救助シンポジウムを開催しており、活発な意見交換や事例研究などが行われています。

sanji_11.jpg
御嶽山噴火災害
sanji_12.jpg
全国消防救助シンポジウム

(2)テロ災害対応について

消防庁では、NBC等テロ災害を含む特殊災害への対応能力強化のための消防法の改正や救助技術の高度化等検討会の開催、テロ対策用特殊救助資機材の配備、特殊災害に係る消防大学校、都道府県の消防学校等における教育内容を充実するとともに、警察庁科学警察研究所や陸上自衛隊大宮化学学校等で消防職員の研修などを行い、万が一発生した場合に対しても迅速に対処できるように取り組んでいます。また、様々な災害を想定して、現場の各関係機関と連携した訓練の実施を推進しています。

sanji_13.png
簡易検知活動訓練
sanji_14.png
消防大学校でのC災害対応訓練

(3)国際緊急援助体制の整備

消防庁では、海外で大規模災害が発生した場合、我が国の消防救助技術を活用して被災国を支援するため、昭和61年から国際消防救助隊(International Rescue Team of Japanese Fire-Service 略称"IRT-JF"愛称"愛ある手")を整備しています。国際消防救助隊は、全国の77消防本部、599名の隊員から編成され、被災国からの援助要請を受けて、高度な救助資機材や技術を活用して海外被災地で活動しており、これまで19回の派遣実績があります。消防庁では、国際消防救助隊の活動能力を充実させるため、国際消防救助隊の連携訓練や国際消防救助隊セミナ-等の教育訓練を実施しています。

sanji_15.jpg
国際消防救助隊の活動の様子
sanji_16.jpg
国際消防救助隊の連携訓練

(4)消防・防災分野における国際協力の推進

災害から国民の生命、身体及び財産を守るという万国共通の課題に対応するため、消防庁では消防本部、外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)等と連携、協力し、消防・防災分野の国際協力を実施しています。具体的には、主にアジア圏内の国を対象に日本の消防技術・制度等を広く紹介する「国際消防防災フォーラム」の開催、JICAと連携し開発途上諸国等からの研修員受入れや海外への専門家派遣、諸外国の消防・防災関係者からの要望に応じた情報提供、関連施設の視察等を実施しています。

sanji_17.jpg
国際消防防災フォーラム
sanji_07.jpg
海外研修員に対する救急救助技術研修 (大阪市消防局)

関連リンク

総務課
総務課 消防行政のとりまとめ 職員の人事や福利厚生、予算・決算事務、消防庁の広報、消防組織の制度、消防職員や消防団員の表彰のほか、消防庁内の意見調整、他省庁との連絡調整等を行っています。 春の火災予防コンサート 子ども...
消防・救急課
消防・救急課 消防防災体制の充実 (1)常備消防体制の充実 【消防の常備化の現況】  現在の市町村における消防体制は、大別して、1)消防本部及び消防署のいわゆる常備消防と消防団とが併存している地域と、2)消防団のみが存する地域(いわゆる非常備町村)があります。  平成27年4月1日現在、常備化市町...
救急企画室
救急企画室 救急救命士などの救急業務に係る企画立案を担当 (1)救急業務の現状 平成28年4月1日現在、733消防本部全てにおいて救急業務が実施されています。  日本全国で、5,090隊の救急隊が運用され、約6万1千人の救急隊員(うち約3万4千人が救急救命士)が日夜国民の安心・安全のために活動してい...
予防課
予防課 火災予防の普及・推進 1 住宅防火対策の推進 住宅火災による死者数※は、例年火災による死者数※の8割前後を占めています。また、住宅火災による死者については、逃げ遅れによる死者が多いこと及び概ね7割程度を高齢者が占めていることという特徴があります。  高齢者や逃げ遅れによる住宅火災の死者を減ら...