消防庁の組織および所掌業務

地域防災室

「地域防災力」の中核として欠くことのできない「消防団」の強化を図り、地域住民一人一人が防災について理解を深め、自主的な防災活動を推進し、地域の防災体制の強化を目指しています。

(1)消防団

 消防団員は、それぞれ自分の本業を持ちながら、「自らの地域は自らで守る」という郷土愛護の精神に基づき、地域の安全を守るために消防・防災活動を行っています。

chiiki1.jpg

また、消防団員は、住民に対する防火広報、応急手当普及啓発活動、子供たちへの防災教育など、幅広い分野にわたり活動しており、地域防災の中核的な存在として、今後も活躍することが期待されています。

chiiki2.jpg

消防団に興味を持たれた方、もっと詳しく知りたい!と思う方は、ココをクリックしてください。

chiiki3.jpg

①消防団への加入促進の取組

近年の社会経済情勢の変化の影響を受けて、消防団員数が減少しており、消防団の充実強化のため、消防団員の確保が喫緊の課題となっています。

chiiki4.jpg

 消防団員募集ポスターやリーフレットの配布、消防団活動に協力する事業者に表示証が交付される消防団協力事業所表示制度、女性や若者の入団をはかるための加入促進事業、消防団に入団している大学生の就職を支援する、学生消防団活動認証制度など、女性や若者をはじめとする、幅広い人材の入団を促進し、地域防災力の強化を目指しています。

chiiki5.jpg

②消防団員の装備の充実

 消防団の装備の基準の改正(平成26年2月7日)を踏まえ、装備の改善をはたらきかけ、消防団員が安全かつ有効に活動できるよう、装備の改善を進めています。

    双方向の情報伝達が可能な情報通信機器の充実(トランシーバー)
  • 消防団員の安全確保のための装備の充実 (安全靴、ライフジャケット等)
  • 救助活動用資機材の充実(チェーンソー、油圧ジャッキ、投光器等)
chiiki6.jpg

③消防団員の教育の充実強化

消防団のレベルアップには、消防団員の教育が不可欠です。消防学校での教育訓練の基準の改正(平成26年3月28日)を踏まえ、消防団教育の標準化を進めるとともに、より実践的な訓練のために、教育用DVDの作成や教育用冊子の作成(消防庁総務省eカレッジに掲載)、消防学校への救助資機材積載消防ポンプ自動車を配備するなど、消防団員教育の充実を進めています。

chiiki7.jpg
消防庁総務省eカレッジ「消防団員の方向け」をみたい方はココをクリック

(2)自主的な防災活動の推進

大規模災害時では、住民一人ひとりが「自分たちの身の安全は自分たちの手で守る」という自主防災意識を持って行動することが非常に重要になります。そのため、地域住民の方々により構成される自主防災組織や、女性(婦人)防火クラブ、幼少年消防クラブの育成や、災害時におけるボランティア活動が円滑に行なわれるよう活動環境の整備に努めています。  また、地域に根ざした団体・組織等、多様な主体における防災に関する優れた取組を表彰する「防災まちづくり大賞」を実施しています。防災まちづくり大賞の受賞事例を見たい方はココをクリックしてください。

関連リンク

総務課
総務課 消防行政のとりまとめ 職員の人事や福利厚生、予算・決算事務、消防庁の広報、消防組織の制度、消防職員や消防団員の表彰のほか、消防庁内の意見調整、他省庁との連絡調整等を行っています。 春の火災予防コンサート 子ども...
消防・救急課
消防・救急課 消防防災体制の充実 (1)常備消防体制の充実 【消防の常備化の現況】  現在の市町村における消防体制は、大別して、1)消防本部及び消防署のいわゆる常備消防と消防団とが併存している地域と、2)消防団のみが存する地域(いわゆる非常備町村)があります。  平成27年4月1日現在、常備化市町...
救急企画室
救急企画室 救急救命士などの救急業務に係る企画立案を担当 (1)救急業務の現状 平成28年4月1日現在、733消防本部全てにおいて救急業務が実施されています。  日本全国で、5,090隊の救急隊が運用され、約6万1千人の救急隊員(うち約3万4千人が救急救命士)が日夜国民の安心・安全のために活動してい...
予防課
予防課 火災予防の普及・推進 1 住宅防火対策の推進 住宅火災による死者数※は、例年火災による死者数※の8割前後を占めています。また、住宅火災による死者については、逃げ遅れによる死者が多いこと及び概ね7割程度を高齢者が占めていることという特徴があります。  高齢者や逃げ遅れによる住宅火災の死者を減ら...