消費者事故などについて

消防関係製品に関する消費者事故等について

総務省消防庁では、消費者安全法の制定等を踏まえ、下記通知に基づき消防関係製品の消費者事故等に係る情報を収集し、公表しています。

【報告様式】

消防関係製品の不具合・事故等について

平成22年4月1日以降、総務省消防庁に報告があったものを対象としています。

新着事案 NEW!!

発生日時 発生場所
(都道府県)
製品の種類
(製造者名・形式番号又は製品名)
物的被害 人的被害
平成31年3月16日7時30分 青森県 エアゾール式簡易消火具 なし なし
概要:
自宅廊下に存置していたエアゾール式簡易消火具が破裂したもの。
平成31年3月3日2時20分 神奈川県 エアゾール式簡易消火具 あり なし
概要:
一般住宅の台所において、コンロ付近に置かれていたエアゾール式簡易消火具が破裂し、換気扇及び天井の一部を破損したもの。
平成30年11月17日 千葉県 スプリンクラー設備の加圧送水装置 なし 負傷者なし
概要:
事業所の地下ポンプ室に設置されたスプリンクラー設備の加圧送水装置の制御盤が焼損したもの。

※製造者・販売者等において、無償修理、交換、返金等の措置を行うとして公表済み。

過去の報告はこちら

消防関係製品の悪質な訪問販売・詐欺等について

平成22年4月1日以降、総務省消防庁に報告があったものを対象としています。

新着事案 NEW!!

発生日時 発生場所
(都道府県)
製品の種類 役務の内容 建物種別 金銭被害
令和元年5月15日11時55分頃 岐阜県 消火器 訪問販売 住宅 20,000円
概要:
5月15日11時55分頃、業者(男性)の訪問があり、住宅に消火器がありますかと言われた。
置いてある消火器2本を見せると、2本とも10年以上経過し期限が切れているので新しい物に交換しなければならないと言われた。
高額であることに不信感を抱きながらも購入を承諾した。
古い消火器2本を回収され、新品の消火器(10型)1本を設置された。消火器代18,000円と処分料2,000円の合計20,000円を支払った。
その後、不審に思い岐阜市消防本部本巣消防署根尾分署へ問い合わせをした。
令和元年5月10日11時40分頃 岐阜県 消火器 訪問販売 住宅 なし
概要:
5月10日11時40分頃、消火器の業者が自宅に訪れ、消火器を見せてほしいと言われた。
自宅に消火器はなかったため、消防署の関係の方か訪ねると、何も言わずに帰っていった。
不審に思い消防署に問い合わせをした。
※業者の車は、山梨ナンバーであった。
令和元年5月2日14時00分頃 岐阜県 消火器 訪問販売 住宅 19,000円
概要:
5月2日14時頃、茶色の作業服を着た男性が消火器の訪問販売に訪れた。消火器を見せると有効期限が過ぎているので交換しないといけないと言われ、消火器1本18,000円・処分料1,000円を支払った。
友人に相談したところ、おかしいのではないかと言われたので心配になり、5月3日に消防署(美山分署)に電話した。

過去の報告はこちら

消防関係製品のリコール情報について

製造者・販売者等において、無償修理、交換、返金等の措置を行うとして公表済みのものを提示しています。 詳しくは、各社のホームページ等でご確認ください。

新着事案 NEW!!

発表日 製造業者名 リコール対象品※詳細は各社HP参照 製造・販売の時期
製品の種類 製品名等
平成30年12月11日 日本ハネウェル株式会社 光電式住宅用防災警報器 HS-JV2
(住警第26~55号)
製造時期:平成30年2月以降
販売時期:平成30年3月以降
発生又はそのおそれのある不具合等の概要(詳細は各社ホームページ参照):
製品仕様に定めた電池の寿命を満たさず、短い期間で電池切れの症状を起こし電池切れをお知らせする警報音を発する。
リンク先等:
平成29年08月29日 株式会社 初田製作所
日本ドライケミカル株式会社
株式会社 丸山製作所
パッケージ型
消火設備Ⅰ型
スーパーアウル
K-80P(Ⅰ)
スーパークライス
平成13年から平成29年
発生又はそのおそれのある不具合等の概要(詳細は各社ホームページ参照):
消火薬剤貯蔵タンク内の薬剤がホースに流入し、薬剤が固化することで有効に放射ができないもの
リンク先等:
平成29年04月27日 販売者:セコム株式会社
製造者:モリタ宮田工業株式会社
住宅用消火器消第26~3号 トマホークマッハⅡ(FE-X0100) 製造時期:
平成28年10月4日~平成29年1月10日
発生又はそのおそれのある不具合等の概要(詳細は各社ホームページ参照):
消火器のレバー(黄色部分)固定部分が、破損し、消火剤の放射ができなくなるもの。
リンク先等:

(※)当該機器を使用の際、主機能に影響を及ぼすおそれのないもの。

過去の報告はこちら

関係通知

関連リンク

消防関係製品の不具合・事故等について 平成31年
消防関係製品の不具合・事故等について 平成31年 平成22年4月1日以降、総務省消防庁に報告があったものを対象としています。 平成31年 発生日時 発生場所(都道府県) 製品の種類(製造者名・形式番号...
消防関係製品に関する消費者事故等について
消防関係製品に関する消費者事故等について 総務省消防庁では、消費者安全法の制定等を踏まえ、下記通知に基づき消防関係製品の消費者事故等に係る情報を収集し、公表しています。 消防用設備等及び消防関係製品に関する不具合・事故等に係る情報の消防庁への報告について (平成22年3月31日付け消防予第1...
消防関係製品の悪質な訪問販売・詐欺等について 平成31年
消防関係製品の悪質な訪問販売・詐欺等について 令和元年/平成31年 平成22年4月1日以降、総務省消防庁に報告があったものを対象としています。 令和元年/平成31年 発生日時 発生場所(都道府県) 製品の種類 役務の内容 建物種別 金銭被害 令和元年5月15日11時55分頃 岐阜県 消火器 訪問販売...
消防関係製品のリコール情報について 平成30年
消防関係製品のリコール情報について 平成30年 平成30年 発表日 製造業者名 リコール対象品※詳細は各社HP参照 製造・販売の時期 製品の種類 製品名等 平成30年12月11日 日本ハネウェル株式会社 光電式住宅用防災警報器 HS-JV2(住警第26~55号) 製造時期:平成30年2月以降販売時期...