平成22年版 消防白書

はじめに

トピックスI チリ中部沿岸を震源とする地震による津波の概要と消防庁の対応

トピックスII 消防と医療の連携の推進~傷病者の搬送及び受入れの実施に関する基準に基づく救急搬送・受入~

トピックスIII 消防の広域化の推進

トピックスIV 消防救急無線のデジタル化について

トピックスV 消防団の充実強化について

トピックスVI 屋外タンク貯蔵所の保安検査の周期についての調査検討

第1章 災害の現況と課題

第2節 危険物施設等における災害対策

[危険物施設等における災害の現況と最近の動向]

[危険物行政の現況]

[危険物行政の課題]

第4節 林野火災対策

[林野火災の現況と最近の動向]

[林野火災対策の現況]

[林野火災対策の課題]

第2章 消防防災の組織と活動

第7節 広域消防応援と緊急消防援助隊

第3章 国民保護への取組

第4章 自主的な防災活動と災害に強い地域づくり

[災害に強い安全なまちづくり]

第5章 国際的課題への対応

第6章 消防防災の科学技術の研究・開発

[研究・開発の推進]

[競争的研究資金による産学官連携の推進]

[消防防災科学技術の研究の課題]

附属資料

関連リンク

3 防災知識の普及啓発
3 防災知識の普及啓発 地震や風水害等による災害は日本のどこでも発生する可能性があり、平成22年においても、梅雨期の大雨により全国各地で大きな被害がもたらされたところである。こうした災害による被害を最小限に食い止めるためには、国、地方公共団体が一体となって防災対策を推進するとともに、国民一人ひとりが...
4 おわりに
4 おわりに 本年4月に発生したメキシコ湾原油流出事故を引き合いに出すまでもなく、大型タンクからの流出事故は未然に防ぐ必要があるが、新たな知見や技術開発の動向を踏まえ、安全性を損なうことなく基準の合理化が図られるよう検討を行っているところであり、結論が得られれば速やかに所要の措置を講じる予定である。...
3 検討の進行状況
3 検討の進行状況 (1)基本周期を延長した場合の安全性の評価 容量1万kl以上のタンクの底部からの流出事故は、過去36年間に22件発生している。大型タンクの底部から流出事故が発生すると、高い液圧や流速によってタンクの基礎が洗掘されることにより底部が大規模に破断するおそれがあること、覚知が遅れて流出...
2 検討の経緯と検討内容
2 検討の経緯と検討内容 平成21年11月27日に行われた行政刷新会議による「国家備蓄石油管理等委託費」の事業仕分けにおいて、国家備蓄基地内にあるタンクに対する検査に必要な支出についても議論され、検査の周期については、安全性を十分に検証しながら規制緩和の可能性を探ることが求められた。このような状況を...